そのデザインで大丈夫?魅力的なホームページを作るための基本

簡単なようで難しいホームページデザイン

ホームページをデザインするのは簡単なようでありながら奥が深いのはやってみるとわかりますよね。難しいと感じる人もいてもおかしくないでしょう。誰が見ても魅力的に見えるデザインにするのは困難があります。しかし、ホームページを作るからには誰に見て欲しいのかが具体的にあるでしょう。その人たちが見て魅力的であればよく、誰もが目を引かれるようなものである必要はありません。ターゲットを絞ってデザインをしてみましょう。

ターゲットに合わせたデザインとは

ホームページは閲覧者に対して情報を提供するものであると同時に、もっと読み進めたいと思ってもらえるようにすることが大切です。ターゲットに合わせるデザインをするには、そのターゲットがホームページに何を求めているかを考えているかを想定するだけでなく、年齢層や性別などに応じて好むような色合いを使用したり、イラストや音楽などを使用したりするのも大切になります。自分がその立場になったと考えてデザインを進めましょう。

わからないときの二つの手段

デザインをしようとしてもなかなかうまく考えが進まないというときには二つの解決策があります。一つは同じような内容のホームページを閲覧して参考にする方法です。一つだけを見てしまうと真似になってしまいがちなのでいくつも見るようにしましょう。それらに共通しているものを見つけ出すことができれば、それを盛り込めば良いのです。もう一つの方法はプロに相談することであり、ホームページのデザイナーに打診してみましょう。アドバイスをくれたり、実際に作る依頼を受けたりしてくれます。

レスポンシブデザインとは、ウィンドウサイズに合わせて自動的にページのデザインを最適化する技術のことです。レスポンシブウェブデザインとも言います。