これで上手に描ける!ポスターを上手に作るコツ

目を引くデザインにしてみよう!

ポスターというのは、絵画ではないので観賞用ではないですよね。なにか熱い思いを伝えたくて作るものだから伝えたい言葉を強調してビビッドカラーにしてみたり、文字を大きく太くしてみたり、背景をごちゃごちゃした柄っぽくするのではなくシンプルに無地にしてみたり。言葉を訴えたいときは、その言葉をいちばん目立つようにデザインしましょう。逆に、カラフルなポスターが並んでるところでは、白黒のほうが目立つこともありますね。どこに貼り出すのかによってデザインをかえてみましょう。そして言葉は分かりやすく簡潔に。

文章が入るときは左揃えにすると見やすい!

ポスターの中には文章を書き込む場合がありますよね。メッセージというか、少し長めのキャッチコピーのようなものとか。横書きで3行4行と長くなるときは、左揃えにすると文字が規則的に並んでいるので目が追いかけやすいです。中央揃えにすると、行のスタートががちゃがちゃにずれてしまって読みづらく、そのメッセージが目に入って来ずらいんですね。1行で終わる場合は、中央揃えで真ん中に寄せるのは見やすいです。デザインによっては例外もあるので第三者に両パターンみてもらって見やすさを判断してもらいましょう。

そのポスターでどんな気持ちにさせたいか考えよう!

ポスターのキャッチコピーを見た人にどんな気持ちになってほしいかを考えてメッセージを決めましょう。例えばその町を宣伝するポスターなら、そこに行けばこんなに美味しいものが食べられるとか、宿のポスターならどんな素敵なおもてなしが待っているかとか、見た人が具体的に想像できるものが良いですね。上級者になると、意味深な言葉で想像を掻き立てる手法もありますが、基本的には具体的で分かりやすいもののほうが良いでしょう。

激安コピー印刷とは、コピー印刷を依頼する場合の料金が、かなり低価で依頼できることですが、最近は激安コピーの業者ばかりです。