もしネットで誹謗中傷された時の対策を知っておきたい

冷静に対応することが大事

もしネットで誹謗中傷された時には、とてもショックを受けて仕舞って感情的になってしまうかもしれません。しかしここは冷静になって対策を考えなければいけません。問題ある書き込みなどがある場合には、すぐに削除をしてもらえるように頼む事が大事なことです。誹謗中傷に書かれた事実が真実であるのかどうかが分かれ目になります。そこで名誉毀損罪になって訴えることができます。3年以下の懲役か、50万円以下の罰金になるので冷静に対処します。

誹謗中傷された場合の流れ

どんなことがネットの誹謗中傷としてあたるのかというと、例えば、インターネットの掲示板である人物を特定できる記事を書きこんだ場合は、誹謗中傷とされて、名誉毀損とされます。もしそういった悩みを抱えてしまったら、すぐに法務局に相談をします。法務局は相談が持ち込まれたら、調査をして、認めたらサイトの管理者に削除要請を行うようになっています。すぐに消して欲しいという方はまずは相談をして動いてもらう事が大事です。

最近増えている誹謗中傷

ネットの時代になってきて、多くの人がブログを書いたり、掲示板を利用したりしています。そこで悪い事を書きこんだりする人も増えてきています。そこでもしネットの誹謗中傷を受けてしまった時には、弁護士に相談をするとスピード解決ができます。すぐに相手に名誉毀損として訴える事ができます。悩んでしまったりする前に一人では解決できません。そこで法律に詳しい弁護士の先生にお願いをします。すぐに削除してもらう事ができて、相手を特定することができます。

逆SEOとは、ネット上での検索結果で上位に来る企業の悪評を検索結果に出ないようにしたり、下位にランクさせて目立たなくする行為のことです。