ネットでの誹謗中傷・・・どう対処すれば良い?

基本的には無視をする

ネットで誹謗中傷されると、好き勝手書かれている事実に嫌気がします。もしそこで反応してしまうと、誹謗中傷している人間の思うつぼです。誹謗中傷は単なるストレス解消の可能性もありますが、必死になって反応してくるように誘っている場合もあります。なので誹謗中傷に反応することは釣り竿のエサに食いつく魚のようなものです。エサに食いつかなければ釣り人がやがて去るように、誹謗中傷している人間もそのうち飽きてきます。

命の危険を感じたら無視しない

小学生のような幼い言葉で誹謗中傷されているだけであればまだ良いですが、命を奪うことを示唆した表現であれば無視できません。本当かどうかは定かではありませんが、もし本気であればしっかりと身を守らないといけません。そもそもこのような書き込みは法律違反なので、見逃さずに警察などに相談すれば良いのです。警察に伝えることで、逆恨みをされたらどうしようと不安になるものですが実際に何かが起こってからでは遅いです。

不快な表現を極力避ける

ネット誹謗中傷は、何かのきっかけがあって始まります。過激な発言で閲覧者を不快にさせたり、何かを批判するなどして敵を作ってしまうと誹謗中傷に繋がる可能性があります。もちろん意味もなく無差別に誹謗中傷されることもありますが、何らかの怒りが誹謗中傷の原動力となっているケースが多いです。基本的に人間は思想も発言も自由ではありますが、言って良いことと悪いことがあるのも事実です。書き込み内容に気を付けるのは、ネット利用者としてのマナーです。

サジェスト対策とは、インターネット検索で特定のワードに表示されるサジェストを操作するIT技術のことで、SEOの一種です。